学校案内PROSPECTUS

緊急連絡

2017.09.28前期が終了しました。

校歌・応援歌・吉高讃歌

SCHOOL SONG

校歌

吉田高校 校歌

昭和26年(1951)7月24日、全校生徒が待ち望んだ校歌歌詞の発表が行われた。 この歌詞は、応募作品41篇中より選ばれた4篇を、本県が生んだ文人で『少年行』の著者である中村星湖(当時河口村在住)氏に補作を委嘱し、1位に入選した渡辺紀代子の作品を氏が全面的に改作したものである。 また、作曲は校長自らが上京し、「海ゆかば」の作曲で知られる信時潔氏に依頼、ここに吉田高校の校歌が誕生したのである。

第一応援歌

吉田高校 第1応援歌

昭和27年(1952)7月、応援歌もようやく決定した。 応募作品23篇から、第一応援歌には佐藤悦三の「大いなる朝」が、第二応援歌には中村進(奨)の「セイ旗ぞ高く」が選ばれた。 作曲は、第一・第二ともに大庭三郎氏に委ねられた。

第二応援歌

吉田高校 第2応援歌

昭和27年(1952)7月、応援歌もようやく決定した。 応募作品23篇から、第一応援歌には佐藤悦三の「大いなる朝」が、第二応援歌には中村進(奨)の「セイ旗ぞ高く」が選ばれた。 作曲は、第一・第二ともに大庭三郎氏に委ねられた。

吉高讃歌

吉田高校 吉高讃歌

昭和39年(1964)、学園祭の特別企画として吉高の愛唱歌を作ることになり、全校生徒・教職員から歌詞を募集した。応募作品の中から井上孝道先生の作品が歌詞として採用され、当時吹奏楽部の部長であった和田昭二氏が曲を付したものである。現在では、大会等での優勝を讃える時に歌われている。

お問い合わせCONTACT

FAX. 0555-22-2542