学校案内PROSPECTUS

緊急連絡

2022.02.142月14日(月)は9時25分SHR開始です。

緊急連絡

2022.02.142月14日(月)は9時25分SHR開始です。

ご挨拶

GREETING

吉田高等学校のホームページにアクセスしていただきありがとうございます。
本校は、「純剛」(明るく爽やかで、意志強く、飾らないこと)と「百折不撓」(何度困難にあっても決してくじけないこと)の校訓のもと、学習(「文」)と部活動(「武」)を両立させるとともに、文と武の双方において、感謝の心・友情・心身の鍛練・情操の涵養を目指す「質の高い文武両道を保障する環境」の中で、これまでに2万8千人をこえる、様々な分野で活躍する有為な人材を輩出してきました。
本校では、県教育委員会から「富士・東部地域唯一の理数科をもつ伝統校であり、地域に根ざしたコミュニティ・スクールとして、主体性や探究心を高めるとともに、高度な情報社会を生き抜く力を育て、郷土を愛する心をもった日本のリーダーとなる人材を育成する学校を目指す」というミッションを受けています。本校ではこれまで受け継がれてきました教育の目的を改めて明確化し、教育目標も生徒と教職員が共有できるものにしました。その教育目標を「吉田高校グラデュエーションポリシー(吉高GP)」と呼び、生徒、教職員がともにその達成を目指しています。吉高GPとは、本校の3年間を通じて8つの力(自己肯定力、傾聴力、分析力、思考力、発信力、想像力、創造力、行動力)を身につけていこうというもので、授業をはじめ学校行事や部活動など、すべての教育活動をこの視点をもって実施しています。何事に対しても、実施前に「何をして、何の力を身につけるか」ということを意識し、実施後に振り返るという取組をとおして、自他の特徴を多面的に把握する力がつき、思いやりやしなやかな心がはぐくまれるものと考えています。そして何より、他者評価に振り回されない強い自己の確立が、今後の社会生活にとって大きな力になると信じています。吉高GPは、高校卒業後の進路保証だけでなく、生徒の将来を見据えた資質・能力を育むことを目指したシステムを持っているのです。
また吉田高校は、先を見通すことができない社会の中で、本校での教育の在り方を、小中学校との連携や、現在、地域社会でご活躍いただいている様々な方のご意見を伺いながら探り、未来を生き抜いていける生徒を地域ぐるみではぐくんでいきたいという目的で、昨年4月から学校運営協議会設置校として、「地域に開かれた学校」からさらに一歩踏み出し、「地域と共にある学校」へと転換する取組を推進しております。
地域と共に人間力を育てる高校、それが吉田高校です。ホームページを通して本校の教育活動の一端をご覧いただければ幸いです。

校長古屋 勇人

お問い合わせCONTACT

FAX. 0555-22-2542